スポンサーリンク

2019年09月30日

人生で1番、大きな声を出したかもしれません。

彼の実家にて・・・。

「お父さん! 警察呼んで!」
という彼の母・・・。

私の姿を確認すると?

「・・・ああ」

私を見たお義父さんがそう言いました。



「ああじゃないわよ! とっとと警察呼びなさいよ!」
と、彼の母は怒鳴ってました・・・。


「んん」
お義父さんは、何事もなかったかのように
部屋へと戻りました。


「・・・お義母さん、私」


「帰れ!」
そう叫ぶ彼の母の大声に負けてはいけません。



「館林さん、いますか?」
私は、大きな声でそう聞きました。



「んな? 何なのあんた!」
鬼の形相の彼の母。


「館林さんに会いたいんです!」
と、私は叫びました。


「館林さんに会わせてください!」

 人生で1番、大きな声を出したかもしれません。


「うるさいわね! 近所迷惑でしょ!」

そう言う彼の母の方が大きな声・・・。
ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング
posted by ミラーボール at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 彼の母

2019年09月29日

「お父さん! 警察呼んで!」

私は、意を決して
彼の実家へ。

ドアを開けて、
お義母さんが顔を出しました。


お義母さんの顔は、
すぐに鬼のような顔に変貌しました・・・。

 
「・・・ご無沙汰してます」

 私はぺこ、と頭を下げました。


「お父さん、電話。お父さん!」
家の中へ向かって彼の母は叫びました。


「・・・お義母さん、聞いてください」

私の声は、彼女には届いていないようでした・・・。


「お父さん! 警察呼んで!」

彼の母は、
玄関にあった盛り塩を私に向かって投げてきました。


 塩なんて、へっちゃらです。

 だって前は、珈琲カップを投げられたのですから・・・。



「ねー、何やってんのよ! 警察って言ってるでしょ!?」


彼の母の叫び声は、
町内に聞こえるほどの大きさ
でした。


「うん?」
だるそうに、お義父さんが出て来ました。


「・・・ああ」
私を見たお義父さんがそう言いました。

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング
posted by ミラーボール at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 彼の母

2019年09月28日

心臓が一瞬、止まりました・・・・。

私は、決意を新たに、彼(館林さん)の実家へ向かいました。


彼(館林さん)をお義母さんに奪われてから、
2回ほど来ました。

 1回目はチラッと覗いて、

http://mirar.sblo.jp/article/186124018.html?1569635917



 2回目は珈琲カップを投げつけられました・・・。

http://mirar.sblo.jp/article/186338662.html?1569635870


3度目の正直です・・・。

 もう怖いものはありません。
 かまうものですか。


 「ふう。」

私は、息を整えてから、玄関のベルを鳴らしました。

 「はーい」

 彼の母の声です。


爆発しそうな心臓を、必死に落ち着かせました。


ガチャ、とドアが開いて、
彼の母が現れました。

 心臓が一瞬、止まりました・・・・。

 いえ、止まるかと思いました。


 きっと、それは向こうも同じだったと思います。


彼の母の顔はすぐに、
鬼のような顔へと変貌しました・・・。

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング
posted by ミラーボール at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 彼の母

スポンサーリンク