スポンサーリンク

2020年03月31日

まだ心臓がバクバクしていました・・・。

彼の母がピアノ教室まで押し掛けて来ました・・・。

 そして、佐伯先生のおかげで、
 何とか逃げられた私・・・。

 すぐに、電車に飛び乗りました。

また、彼の元へ向かいました・・・。


 まだ心臓がバクバクしていました・・・。

 彼の母に見つかったら、きっと・・・。

 きっと、殺されちゃう・・・。

 だって、珈琲カップを投げられたり、ガラスの置物を投げられたり、

 そして包丁を向けられたんですから・・・。

http://mirar.sblo.jp/article/186762328.html?1585621448

 しかんも、それは?

 全部、彼を救出する前の話で、

 あの家から彼を救出した今、

 本当に何をされるか分かりません・・・。


ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ教室

2020年03月30日

「早く、逃げて!!!」

佐伯先生と彼の母がもめる声が聞こえてきました・・・。

 途中から、
 そこに社長の声も混ざっていました。


そして、使っていない教室に逃げた


私のもとに、佐伯先生がやってきました。


 「早く、逃げて!!!」

それを聞いて、
私はすぐにピアノ教室をあとにしたのでした・・・。


 佐伯先生のおかげで、何とか逃げられた私。

 すぐに、電車に飛び乗りました。


彼のいるホテルへ・・・。

もし、ここで私が?
彼の母に捕まったら・・・・?

考えただけで、背筋が凍りました。

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 彼の母

2020年03月29日

そこに、彼の母がいたのでした・・・。

「落ち着くまで、自宅待機していてください。また連絡しますので」

ピアノ教室の社長に言われて、
帰ろうとした時でした。

 そこに・・・。

 そこに、彼の母がいたのでした・・・。



彼の母は?
耳にスマホをあてていました。


そして、ピアノ教室の電話が鳴りました。


 私は慌てて逃げました・・・。


私の様子に気付いた
佐伯先生が、彼の母の顔を見て、

 「この人か」


と呟きました。


 それからのことは、よく分かりません・・・。


 きっと、
 佐伯先生が私を守ってくれたんだのだと思います。


 私は振り返る事をせず、逃げました・・・。


佐伯先生と彼の母が
もめる声が聞こえてきたのでした・・・。

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 彼の母

スポンサーリンク