スポンサーリンク

2020年06月30日

待ちません・・・絶対に。

彼の母が?

ゆっくりゆっくり近づいてきました・・・。




もしかすると?
あまりの緊張で・・・
ゆっくりに見えただけかもしれませんが・・・。



今度は私が?
彼(館林さん)の手を握って逃げました。

 「待ちなさい! こら!!待て!!」


背中から、
再び、新宿の街に・・・
彼の母の怒号が響きました・・・。



 待ちません・・・絶対に。

 何とか、どこか・・・。

 彼の母に見つからない場所へ・・・。



そう思って必死に逃げました・・・。
ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 彼との逃亡生活

2020年06月29日

そんな・・・ウソでしょ・・・。

「絶対に館林さんを守るからね」

 私がそう伝えた時、

 路地の入口にタクシーが停まりました・・・。

 そんな・・・ウソでしょ・・・。



タクシーから降りて来たのは?

右矢印1彼の母でした・・・。


 鬼の形相をしていました・・・。


タクシーに乗ってきたのに、
身体からは、湯気が出ていました・・・。

 怒りです・・・。

 とんでもない怒りで、体温が上昇
していたのでしょう・・・。



そして、彼の母が、
ゆっくり、ゆっくり近づいてきました・・・。

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 彼との逃亡生活

2020年06月28日

本当にそう思えるほど、怖かった・・・。

もし逃げられなかったら、
私は、彼の母になにをされていたか?

わかりません・・・。



おおげさな話じゃなくて、
本当にそう思えるほど、怖かった・・・。


「大丈夫、大丈夫だよ」

 逃げられたもの。

 あとは、私が館林さんを守るだけ。

 何があっても、


「絶対に館林さんを守るからね」

 そう伝えたその時、

 路地の入口にタクシーが1台停まったのでした・・・。
ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 彼との逃亡生活

スポンサーリンク