スポンサーリンク

2015年04月15日

私の誤解。

私は誤解していたのだ・・・。 


時間が経つにつれて分かったことが二つある。
まず、一つ目は
「彼が音楽に対して真面目であるということ。」


「音大を目指す」とか
そういう動機は無いけれど、
音楽が好きでピアノを上手に弾けるようになりたいと思っている。


そして、宿題もちゃんと、家で練習してきているのでした。
ただ、できないだけなのでした。

物心つく頃から始めるピアノと
社会人になってから始めるピアノは、

それは吸収や上達の違いは
歴然だけれども・・・。

田辺さんには、
失礼な話なのですが
「なぜ通おうと思ったのか?」疑問になるレベルなのだ。


でも、
彼は、もしかしたら、誰よりも真摯にピアノと向き合っている。



そして二つ目が、
「彼が本当に楽しそうにピアノを弾いているということ。」


私が音大を目指していた時、
正直ピアノが楽しいかは分からなかった。

考えたことがなかった、
と言う方が正しいかもしれない。


そんなこと考える暇もないほどに鍵盤を叩いていた。

生徒さんの中には、
そんな昔の私みたいな子がいる。

親に習わされている感じが
全面に出ている子もいる。


そんな生徒さんに比べ、
田辺さんはピアノを弾いているのが楽しい

というのが私にも伝わってくる。


前回の授業でできなかったことが
今回できると、子ども以上に喜ぶ。


私は田辺さんに出会って、
自分の授業への取り組み方が変わったような気がしていた・・・。



ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/119562083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク