スポンサーリンク

2016年05月31日

その手は、とても力強かった・・・

話をピアノ発表会に戻りますね。

私「田辺さん、
  それ全部、忘れて良いですよ」

「え?」
田辺さんは、
『何を言っているのだこの人?』
という表情で私を見た。

私「田辺さんがちゃんと弾ける事、
  私、知ってますから」

田辺さん
「・・・え、あっ、はい。」

私「だから、今日は思いっきり楽しんじゃいましょうよ」

そう言うと、
田辺さんは少しだけ頬の筋肉が緩んだ。

私「失敗したって良いですよ? 
  プロじゃないんだし。
  こんなに大勢の前で弾くの、
  緊張して当たり前ですよ。
  プロじゃないんですから。
  何にも怖がることないから、
  この際、楽しんじゃいませんか?」


「・・・先生」
田辺さんは立ちあがった。

その表情は、
さっきまでのそれとはもう違っていた。

私は田辺さんに手を差し出した。
田辺さんは、私の手を握った。

その手は、とても力強かった・・・。

「行って来ます」
田辺さんが、
ピアノ発表会のステージへと向かった・・・。

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ発表会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175501990
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク