スポンサーリンク

2016年10月20日

タイムリミットだと覚悟した

田辺さんから、娘に着信が入った。

『・・・どうしよう』
私は考えた。
考えたけど、
どうしたらいいのか分からなかった・・・。


しばらくして、着信は切れた。
もう、これ以上は猫の捜索は無理だな。

私は、この着信で
タイムリミットだと覚悟した・・・。


私はそう想い、
マンションの目の前の石垣に娘を座らせた。


「かのん、田辺さんに謝ろう」
かのんは、こくっと、頷いた。


私「ちゃんと、伝えよう。
  謝って済む問題じゃないけど、しっかり謝ろう。
  許してもらえないけど、
  許してもらいたいわけじゃなくて、
  ちゃんと罪を背負わなきゃ。

  でも、毎日探そうよ。私も一緒に探すから。
  ビラを配ったり、そうだ探偵。探偵に依頼して、
  探してもらおうよ」


かのん「・・・実はね、私・・・」
娘が目の前を真っ直ぐに見て、そう言った。

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫のジャニー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177326707
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク