スポンサーリンク

2017年05月22日

お母さんの味方だから

「お母さんの味方だから」

かのんが、
喫茶店の壁のポスターから目を離さずに言った。


それは昔の喜劇スターの映画ポスターだったのですが。


 黄ばんで、きっと油もべっとりついた年代物。

 私が主人公だとしたら、娘は・・・。

 いや、私が主人公なら、娘も主人公だ。

 この世はきっと、
 脇役のいない映画なんだから。



ふと、そんな事を思ったのでした。


『お母さんの味方だから』
という娘の言葉を聞き・・・。


「ちょっとトイレで泣いて来ても良い?」
私が言うと、


かのんは笑って、
「良いけど、私はもう仕事に行くね」
と、笑顔で店を出て行った。


あの子もきっと、恥ずかしかったのかな?


 最近、私・・・泣いてばかりだ。

 悔しくて泣いたし、

http://mirar.sblo.jp/article/179417688.html


 絶望の涙も流したし、

http://mirar.sblo.jp/article/179701695.html


でも、
今日は、『お母さんの味方だから』
という娘の言葉に嬉し涙を流した。


スーッと背中が軽くなった気がしたのでした。


そして、私は帰り道、
ピアノ教室に電話を入れたのです。

『一週間も休んでしまったことを
 精一杯謝罪し、明日から復帰すること』
を伝えました。
タグ:主人公 味方

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娘の「かのん」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179818949
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク