スポンサーリンク

2017年08月06日

領域に踏み込んでいく・・・。

「ほんと、そうだよ!」
かのんがそう言った。


「やっぱり田辺さん、気付かなかったでしょ?」

美咲ちゃんがズカズカと
かのんの領域に踏み込んでいく・・・



「全然。私よりも先に、お母さんのネイルに気付いたんだから」
かのんも少し酔っているのかな?


ちょっと不貞腐れてそう口にした・・・。


 「ええええ〜?」

美咲ちゃんが大きなリアクションで驚いた。



「違う違う、いや、ほら、だって私、ピアノで」
と、私は、しどろもどろになって咄嗟に言い訳をした・・・。


「私はピアノ教室で教えているから、
 鍵盤を触った指を見て
 田辺さんがネイルに気付いただけだよ。」

 そう言おうとしていたのだけど、
 それは意外にもちゃんと伝わっていたようでした。


「まあ、そっかー」
美咲ちゃんが納得した。


「でも、やっぱり気付いてもらいたいよねえ」
美咲ちゃんの問いかけに、

「うん」
かのんが強く相槌を打った・・・。


 ごめんなさい・・・。

私は、心の中でかのんに謝罪し、
ついビールを飲んでしまうのでした・・・。

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美咲ちゃん(娘の親友)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180566147
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク