スポンサーリンク

2017年09月29日

許せちゃうし、許したい。でも・・・

館林さんが頭を下げるので、

 もう良いやって。

 許せちゃうし、許したい。

 でも・・・。

 それじゃダメだよ

って叱る自分もいたのでたした。


だから、「何で?」って。
私は聞きました。

『何で辞めたのか知りたいし、何でそれを言わなかったのか・・・?』


ごめん」って、館林さん。



「ごめん、じゃなくて・・・」

 私だって、辛いのです。

 館林さんのこんな姿見るの。


でも、思い出すのです。

「とりあえずぶつかってみる。腹立ったこと、気に入らないこと、
 ぶつけてみる。一人でイライラしてたってしょうがない」
マスターの言葉です。



「その前に、良い?」
あまりにも不意に館林さんが言うのでビックリしました。


「それってさー、もしかしておふくろ?」

彼の質問に、
私は「コク」っと、頷きました。


「やっぱり、そうだよなー」
と言った後・・・。

しばらく黙っていた




館林さんが、口を開いた
「理由は2つなんだ」

 指を2本出しました。


ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 館林さん(年下彼氏)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181133725
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク