スポンサーリンク

2018年03月16日

贅沢な時間

私は思い切って、
マスターに最後のおねだりをしました。

「マスター、最後に珈琲、淹れてもらっても良いですか?」

マスターは、静かに、頷きました。


私「ブルーマウンテンじゃなくて、いつもの。
  マスターのいつもの珈琲が飲みたいんです」

ブルーマウンテンは、
ここあたりでも書いたけど・・・とっても繊細で優しい珈琲なんですが

http://mirar.sblo.jp/article/182578140.html


 普段飲み慣れたマスターのブレンドが
 私は大好きなのです。

私がそう告げた時、勘違いかな?

 マスターの目に、光る物が見えたのです。

 でも、きっと見間違いかな?

私はそう思うことにしました。

 ゆっくりゆっくり、丁寧にたててくれるマスター。

 まるで時間が止まったかのようでした。

 贅沢な時間で、贅沢な味でした。

 この珈琲の味は、決して忘れません。


 大事に大事に、いただきました。


「また・・・」
マスターが口を開きました。


「俺、また、どこかでお店やりたいんだ・・・」
と。
ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182702503
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク