スポンサーリンク

2018年11月12日

半分正解で、半分不正解

「もしかしてさー」
 
ボトルで頼んだマッコリを注ぎながら、
館林さんが口にしました。

 「おふくろ?」

 おふくろ?

私は、何の話だが分からなくて、
彼の言葉を繰り返しました。

 「いや、待ち合わせの時、暗い顔してたから・・・」

 ・・・ああ。

 そのことか。


館林さんは?

 私が彼の母に何か言われ、
 それで落ち込んでいたと思っていた
ようでした。

 以前に、そういうことが何度もありましたから・・・。

http://mirar.sblo.jp/article/179669823.html?1541989027

とか

http://mirar.sblo.jp/article/180827277.html?1541988984

とか




 でも半分正解で、半分不正解でした。

この時、私が考えていたのは?

 待ち合わせの時には美人女店長のこと・・・。
でした。


 でも、彼の母と会ったことは事実だし。

 それで私が泣いてしまったことも事実
なのです。

 それは、言えないけれども・・・。


私「お母さん、あなたが仕事辞めること心配してるから」


 だから、私にあたるのも、しょうがないのよ・・・。

 そんなことは言わないけれども・・・。

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 館林さん(年下彼氏)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184921789
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク