スポンサーリンク

2019年01月10日

彼の母の声が、冬の夜に響きました・・・

もはや、万事休す・・・。


私は彼(館林さん)とのデートに、今まさにでかけようとしていたのに・・・


 でも、玄関の外には彼の母がいる・・・。

 さらに、彼とのデートをキャンセルしたら?

 心配してくれた彼(館林さん)が「今から向かう」


と・・・。

もう頭が真っ白になりました。


・・・それだけは、絶対にダメ!!!


玄関のドアベルが鳴りました


「ちょっと、いるんでしょ!?」

彼の母の声が響きました・・・。



 隣人の目とか、そういうことは考えられませんでした。

 ただ、ただ、何事もないで欲しい・・・。

「出て来なさいよ!」

彼の母の声が、冬の夜に響きました・・・。



 どうか、お義母さん。諦めて帰ってください・・・。

と、何度思ったことでしょうか・・・。


 神様。もしいるのなら、私を別の場所へ連れて行ってください。


 タイムマシンがあったら

 過去に、楽しかった昔へ行きたい。

 今のこの状況から逃げられればどこにでも・・・。



そう思わずにはいられなかったのでした・・・。
ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 彼の母
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185360579
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク