2019年04月19日

私、いろいろな意味でお腹いっぱいです・・・。

 ああ、早く戻って来て佐伯先生・・・。

 一秒でも早く、ここを出たい・・・。


私の視界には、
白髪の紳士こと相沢さんと美女が・・・。


「ごめんね」

やっと戻ってきた佐伯先生に、
「そろそろ行きますか?」って言うと、

 「えっ?まだもうちょっと時間あるよ? 堪能しなくちゃ!」


と。

 私、いろいろな意味でお腹いっぱいです・・・。


勝手にてんぱってしまったけど、
淹れてきた紅茶を飲んで落ち着いた私は、

「あれ?」って我に返ったのです。


 別に、良いじゃない・・・。

 何も逃げる必要なんてないわよ。

 ただ会っただけじゃない。

 むしろ、白髪の紳士こと相沢さんの方が恥ずかしいんじゃないかしら?



だって、こないだに続けて
今日もホットヨガの知り合いに会うなんて。

 「あの人、毎日通っているのかしら」

 なんて噂になって、とか考えてしまうんじゃないでしょうか?

 そうよ、恥ずかしいのは向こうの方だわ。


・・・いやそうだとしても、そう思わせるのも可哀想なので。

 やっぱり早く帰りたい。

そう思った時でした。


白髪の紳士こと相沢さんと目が合ってしまったのでした・・・。

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング
posted by ミラーボール at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白髪の紳士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185881687
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク