スポンサーリンク

2019年08月21日

「私も、ちゃんと謝りたいわ」

「ねえ(女)店長さん・・・。
 玉城さん、このお店、また来ても良いですか?」



私は、美人女店長さんの目をまっすぐに見ました。

 「ええ」

 彼女は、納得したような顔で頷きました。



「私も、悪いことしちゃったの、分かってるんです。」

美人女店長さんの、
真剣な表情を、初めて見た気がします。


 「私も、ちゃんと謝りたいわ」


その目には、凄みすらも感じられました・・・。



 私はなぜか背筋がゾクっとしました。

 どれほどの修羅場を潜ってきたのかしら?

 彼女には怖いものなどないのかしら?



そんなことを思わされる目でした。

美人女店長さん
「連絡先、知ってるのかしら?」

私は頷きます。
まだマスターのお店に通っていた頃、
連絡先を交換していたのでした。


私は、家に帰って、
さっそく玉城さんにメールを打ちました。
※玉城さんはガラケーなのでLINEをしてないので。
ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング
posted by ミラーボール at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美人女店長
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186453036
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク