スポンサーリンク

2019年09月22日

「次に進んではどうですか?」

  館林さんという、
 私にはもったいないくらいに
  素敵な彼氏が居ること。

 でも、彼の母には認めてもらえなくて、
 最悪な関係性であるということ。


 彼が就職したばかりの仕事をやめようとしていて、
 彼もまたお義母さんと仲違いしたこと。

 そんな彼と、私はうちで一緒に暮らしていたこと。

 何度も彼の母が、
 ストーカーのように私の周辺に姿を現したこと。

 ある日家に帰ると、館林さんの姿がなかったこと。

 実家を知っていたので、訪ねると、珈琲カップを投げられたこと。

 深夜3時の電話。

 「別れよう」「本当にごめん」

 2回のショートメールのこと。



私は、ここまで起きた全ての出来事を、
白髪の紳士こと相沢さんに打ち明けていました。



 この話、遠山さんにも
 佐伯先生にも娘にもしていなかったのに。

 なんで相沢さんには言えるのだろう・・?

そんな気持ちになっていた私。



「次に進んではどうですか?」

私の話を聞き終えた
白髪の紳士こと相沢さんに、そう言われたのでした・・・。
ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白髪の紳士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186590416
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク