スポンサーリンク

2019年11月03日

彼の母が手にしたものは?

「お父さん、絶対その女を中に入れるんじゃないわよ!」

彼の母はそう叫び、部屋の中へと入りました・・・。


 「お義父さん、あの、私、本当に」

 私は、館林さんを・・・。

 あのお義母さんの元から離したいのです。

 助け出したいのです・・・。

 救いたいのです・・・。

 私は、彼を愛していますから・・・。


そう伝えました。

 お義父さんは、頬をポリポリとかいていました。


困っていました。

 どうしたらいいのか?
 対応に困っていました。

「お父さん! 早くその女を帰して!」

戻ってきた彼の母がそう叫びました。


 投げつける物がないか?
 辺りを見回しました。

 でも、私に投げると?
 お義父さんにあたることを察知した彼女は?

 それを諦めました。

再び部屋へ戻った
彼の母が手にしたものは?

 なんと・・・包丁でした・・・。

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング
posted by ミラーボール at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 彼の母
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186762328
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク