スポンサーリンク

2019年11月04日

彼の母なら、やりかねない・・・。

彼の母は、包丁を手に戻ってきたのです・・・。


 殺されるかもしれない・・・。

 足がすくみました・・・。

 本当に、殺されるかも・・・。

 彼の母なら、やりかねない・・・。


 逃げたい。

 逃げ去りたいけど、身体がうまく反応しませんでした・・・。



その時でした。

「今日のところは・・・」
お義父さんに、そう言われました。


 私は、この助け舟に、
 コクっとぎこちなく頷いて、ドアを閉めました。

 走って駅へ向かいました。

 殺される・・・。

 本当にそう思いました。


途中、パトカーとすれ違いました。

パトカーは、彼の実家へ向かいました。

きっと、彼の母が呼んだのでしょう・・・。
ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング
posted by ミラーボール at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 彼の母
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186765815
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク