スポンサーリンク

2019年11月06日

もし、お義父さんが味方になってくれたら・・・。

彼の母に恐怖を感じながらも?

もしかしたら、お義父さんが?


 館林さんと私を引き合わせてくれるのでは・・・。

 もしかしたら、お義父さんは味方なのでは・・・?


そう言えば昔、
私はお義父さんと心が通じ合ったことがあります。

 あれは、彼の母が病気で倒れ、入院していた時でした。


私は、館林さんとお義父さんが食事に困るだろうと、
何度も食事を作りに通っていたことがありました。

 見るからに頑固で、無口なお義父さんでしたが・・・。

 冗談も言わないし、
 お義母さんに尻に敷かれている感じでした。

 何度も夕飯を作りに通う私をついに認めたのか?

 お酒を持ってきてくれてお酌してくれるようになったのです。

 お義父さん・・・。

あまり多くは語らないけど、優しい人なのです。

 もし、お義父さんが味方になってくれたら・・・。

 お義父さん、お願い。

 館林さんを助けて・・・。

 私が助けるから、それを味方して欲しい・・・。



彼の母が家に居ない日に行けば、
彼を救いだせるかもしれない・・・。

そんな希望は私は感じ始めていたのです・・・。

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング
posted by ミラーボール at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 彼の母
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186773182
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク