スポンサーリンク

2020年01月03日

お義父さんは、私の味方ではない・・・

「・・・ごめんなさい・・この通りです」

そう言って、
お義父さんは頭を下げました。

 え? え? え?

 どういうことか?まったく理解できません
でした。

 だって、お義父さんは・・・私の味方でしょ?


「お義父さん、私、館林さんを助け出します!

「彼を救いたいんです! お願いですドアを開けてください!」



 私は、現実を受け入れられず・・・。

 気が着いたらお義父さんにしがみついていました。

 腕を掴む力が相当痛かったのか?

 お義父さんは顔をしかめました・・・。


ここで、私は、現実に直面したのです・・・。

お義父さんは、私の味方ではない・・・と。

この日の作戦の肝が崩壊した瞬間でした・・・。
ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 館林さん(年下彼氏)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186990236
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク