スポンサーリンク

2020年03月04日

やはりあなたは、味方だったんですね・・・

「・・・お義父さんが?」
彼(館林さん)が頷きました。

 お義父さんが、逃がしてくれたってこと?


「あの時、すぐにおふくろが帰って来たんだ」

 ・・・あの時?

http://mirar.sblo.jp/article/186997606.html


 私は思い出しました。

彼の母が例大祭で家を空けるタイミングを狙って、
館林さんを助け出そうと家に行きました。


でも、お義父さんに、阻まれてしまったのでした。
※味方であると信じていたのに、裏切られた気持ちになりました。

あの時、確かにお義父さんは?たしかにこう言ってました。

 「家内がすぐ帰ってくる」と・・・。

 本当だったんだ・・・。



「家にあるお酒を、神社から取りに帰ってきたんだ。
 それを持って、また神社へ行った」

と、彼(館林さん)は続けました。


「あの隙に、親父が・・・行けって」

 また涙が出ました。

 お義父さん・・・。

 ありがとうございます、お義父さん・・・。

 私たちにとって?

 やはりあなたは、味方だったんですね・・・。

 もし、あの時、機転を利かせてくれなかったら・・・?


その時でした。

 「逃げよう!」


彼(館林さん)にそう言われました。

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 館林さん(年下彼氏)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187228994
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク