スポンサーリンク

2020年03月08日

まさか、自分の部屋に鍵を付けられていたなんて

彼(館林さん)が、事の顛末を語り始めました。


「おふくろに、騙されたと分かって、すぐ帰ろうとした。」

「そのまま、すぐに帰れば良かったんだ。

 ずっと、家に帰ってなかったから、
 仕事に必要な道具を持ってこようとして
 自分の部屋に入ったのが失敗だった。」


「そのまま、おふくろ(彼の母)に鍵をかけられた・・・。」

「まさか、自分の部屋に鍵を付けられていたなんて、
 考えもしなかったんだ・・・」


苛立ちで興奮して部屋に入ったから、完全に無警戒だった」

その時のことを思い出したのか?
本当に悔しそうな表情を浮かべた彼(館林さん)・・・。


「それからは、もう・・・」

口にしたくもない・・・。

そんな表情を浮かべたのでした・・・。

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 館林さん(年下彼氏)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187246293
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク