スポンサーリンク

2020年03月20日

正直、分からなくなりました。

 彼に変化が訪れました・・・。

 かなり怯えるようになってしまったのでした・・・。




 通り過ぎる人。

 周りの人の話し声。

 相当、お義母さんを警戒している様子でした・・・。


「大丈夫だよ、大丈夫だよ」
その度に、何度も声をかけました。

彼(館林さん)は?

 頷いては警戒する様子を繰り返していました・・・。


それを見て、

私のしたことは正解だったのか?

 正直、分からなくなりました。


 助け出したつもり。

 救出したつもり
です。

でも、彼はちっとも自由じゃありません・・・。


とても窮屈そうに、いつも何かに怯えていました・・・。

「こんなことになるなら・・・」

と、思わないわけではありませんでしたが・・・。

 でも、そうしなかったら、
 一緒にいれることはなかっただろうし・・・。

彼は、今も家に閉じ込められていたままでした・・・。


 今、2人で逃げ出した事は?

 『正しい』

そう信じていました・・・。
タグ: 窮屈 怯え

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング

スポンサーリンク

posted by ミラーボール at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 館林さん(年下彼氏)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187291775
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク