スポンサーリンク

2019年09月27日

惚れちゃいそう。 彼の次に・・・。

「最後の恋じゃないかもしれないけど、
最高の愛ですね」

白髪の紳士こと相沢さんは白い歯を見せました。



相沢さんが言いたかったこと、
ようやく理解できました。

 やだもう・・・。

 本当にステキ。

 館林さんの次にステキ。


 惚れちゃいそう。 彼の次に・・・。


でした・・・。



そうです。

私は?

 最後の恋だから
 彼(館林さん)を愛したわけではない。

 最高の愛だから、彼(館林さん)を愛している


のです。


白髪の紳士こと相沢さんとお話できた事で
私の腹は決まりました・・・。



私は、一旦、家に帰りました。

 もう夕方になっていましたが

 ココアを飲みました。


 スペシャルデーではないけど、これだけは許してね。

 自分に甘くてすみません。


でも、ここから私は、闘いなのです。

 これから、私は彼(館林さん)の実家へ向かう。

そう決意していたのでした・・・。
ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング
posted by ミラーボール at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白髪の紳士

2019年09月26日

なんて、いじわるな質問をするんだろう・・・。

「彼を愛しているのは、最後の恋だからですか?」

 なんて、いじわるな質問をするんだろう・・・。


私は、泣きそうでした。
必死に堪えていました。

 「次がありますよ」

白髪の紳士こと相沢さんが
また、いじわるを続けます。



「何度でもね。それでも彼が良い?」

と。


私は頷きました。


「どうしても彼が良いですか?」


私は頷きました。


「それは、本当の愛ですね」

 私は頷きました・・・

 えっ?

 顔を上げました。



「最後の恋じゃないかもしれないけど、
 それは、最高の愛ですね」


と、白髪の紳士こと相沢さんは
白い歯を見せました。

ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング
posted by ミラーボール at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白髪の紳士

2019年09月25日

「別れるつもりはありません」

 彼(館林さ)んのこと、諦めたくないから、私・・・。

 こんなに悩んでいるんです・・・。

 だから苦しんでいるんです・・・。


そう心で思いながら


「別れるつもりはありません」
私はようやく、それだけ口にできました。



「次なんか、考えられません。最後なんです」

 私には、彼しかいません。

 何もかも失って良い。

 でも、彼だけは失いたくありません。



白髪の紳士こと相沢さんは、「うん」と頷きました。


彼の目を見ると?
「分かるよ、分かる、でもね」

って、そう言われているみたい
でした。


「彼を愛しているのは、最後の恋だからですか?」

白髪の紳士こと相沢さんの言葉に、
私は、言葉を失いました。

 なんていじわるな質問だろう・・・。



「あっ・・・いえ、えっそういうわけじゃないですが・・・」
ブログランキングに参加していますので。
「ポチっとしてくれると嬉しいです(^^♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

恋愛ランキング
posted by ミラーボール at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白髪の紳士

スポンサーリンク